1 競馬 ナナコ
1: 2018/12/05(水) 18:03:03.89 ID:cfkSQpKs0
タマモクロス(Tamamo Cross)とは、
日本中央競馬会に登録されていた競走馬である。
天皇賞(春・秋)、宝塚記念のGI競走などに優勝した。
同じ芦毛馬であるオグリキャップとの芦毛頂上対決に多くの競馬ファンが沸いた。
引退後は種牡馬となった。
生誕
1984年5月23日

2003年4月10日(19歳没)

シービークロス

グリーンシャトー
生国
日本の旗 日本(北海道新冠町)
生産
錦野牧場
馬主
タマモ(株)
調教師
小原伊佐美(栗東)
主戦騎手 南井克己
半妹にエリザベス女王杯を優勝したミヤマポピーがいる
父・シービークロスが「白い稲妻」というニックネームで親しまれていたため、「稲妻2世」や「白い稲妻」とも呼ばれた

2: 2018/12/05(水) 18:05:15.36 ID:cfkSQpKs0
出生

タマモクロスの生産者であった錦野昌章は同馬を高く評価していたが、
父シービークロスに対する世間の評価は低く、
タマモクロス自身の線の細い外見もあいまって、
下された評価額は500万円という安値であった。
錦野はその低評価額で売ることを拒んだが、
当時経営が逼迫していた同牧場の窮状をさらに強めることとなる。
その後、タマモクロスの大成を見ずして、牧場は倒産した。

錦野はその後もあちこちを転々としながらも、タマモクロスを応援していた。
しかし決して表に出ることはなかったという。
そのためタマモクロス優勝時、表彰台の「生産者」の上には常に誰もいなかった。

4: 2018/12/05(水) 18:06:46.75 ID:lv6Wn2Qc0
南井「タマモはオグリより上」

5: 2018/12/05(水) 18:06:53.49 ID:RSaJ+O5l0
マキバオーのモデル

6: 2018/12/05(水) 18:08:14.94 ID:cfkSQpKs0
4歳(1987年)
3月1日に阪神競馬場での新馬戦で南井克巳騎乗でデビューするも7着といいところがなかった。
「ダートのレースのほうがゆったりとした流れが多いからよいのでは」と判断されたため、3戦目のダート戦で初勝利を挙げるも、その次に出走したレースで落馬事故に巻き込まれた。
その後は休養をはさみ札幌競馬場でダート戦に出走するも礼文特別の2着が最高で勝てず、中央場所に戻っても2戦連続3着という成績だった。
陣営は「やはり芝の方が良いのではないか」と考え、「ここで結果が出なかったら少し考えよう」
という半ば諦めムードで10月18日の京都競馬場での400万下戦(芝2200メートル)に出走させた。
すると、今までの不振が嘘のように7馬身差で勝利した。
勝ちタイムは同日、同競馬場の同距離で行われた菊花賞トライアル京都新聞杯のそれより速かった。
次に出走した藤森特別(芝2000メートル)では
松永幹夫が騎乗したが、2着馬に8馬身差を付け勝利。
この2走の勝ちっぷりから、一部マスコミから
「菊花賞での関西の秘密兵器」と呼ばれたが、調教師の小原伊佐美は先を考えて
「ここで無理をしたら絶対にダメになる」
と菊花賞には出走させなかった。
続く年末のGII鳴尾記念では格上挑戦ながら単勝3番人気に支持され、レースでは前半最後方を進むも直線だけでメイショウエイカンに6馬身差、やや重馬場ながらレコードタイムで勝利し、
翌年の中央競馬の主役と目されるようになった。
なお、この日は中山競馬が雪のため途中で中止となった。
大橋巨泉は東京スポーツ紙上にて発表していたフリーハンデでクラシック馬を上回る評価を与え、4歳馬の1位にランクした。

7: 2018/12/05(水) 18:09:51.11 ID:JmqNFlFL0
カネツクロスいたなー

8: 2018/12/05(水) 18:12:01.21 ID:cfkSQpKs0
5歳(1988年)
1988年は、前年の4歳クラシック組が精彩を欠く一方で、同期でクラシック不出走のタマモクロスは株を上げた。
小原は天皇賞(春)を見据え、日経新春杯から阪神大賞典というローテーションを描いていたが、馬主サイドの
「金杯は縁起のいいレースなので、ここを勝てれば活躍が約束される」という縁起担ぎを理由とした強い要望で、年明け初戦は1月5日、京都競馬場のGIII・金杯(現・京都金杯)になった。
この金杯では一時行き場を失くしかけたものの、馬ごみを縫うように内埒から抜け出して際どく勝利。
直線だけで15頭をごぼう抜きという内容であった。
続くGII阪神大賞典でも最後の直線で内をつき、前がふさがりかけるも逃げ込みを図るダイナカーペンターとの叩き合いで12年ぶりの重賞での同着勝利となった。この2つが、連勝街道時代では最も苦戦したレースであった。
そして、父・シービークロスが勝てなかったGI天皇賞(春)では1番人気に支持され、やはり後方から内側をついて抜け出し、ランニングフリーに3馬身差をつけ、初のGI勝利。
この勝利は鞍上の南井にとっても初のGI制覇だった。
続くGI宝塚記念は、前年の天皇賞(秋)を制したニッポーテイオーとの天皇賞優勝馬対決となった。
1番人気はニッポーテイオーに譲ったものの、レースでは珍しく早めにインを前へ前へと進み、直線では外へ持ち出し、逃げ込みを図るニッポーテイオーを差し切り優勝した。

10: 2018/12/05(水) 18:17:23.65 ID:cfkSQpKs0
秋シーズンは、
「カイ食いが細いタマモクロスなら、調教だけでも仕上がるだろう」
という小原の考えによりぶっつけで臨んだ天皇賞(秋)で、地方競馬出身の雄・オグリキャップとの初対決となった。
両馬とも当年は無敗であり、また2頭とも芦毛であることから、多くの競馬マスコミが「芦毛頂上決戦」(当時)と扱い大きな話題となった。
オグリキャップは毎日王冠1着からの参戦であったのに対し、タマモクロスは東京競馬場ぶっつけ初出走、かつ2000mは距離が短いのではないかという前評判もあって、1番人気はオグリキャップに譲る形となった。
レースでは、タマモクロスがこれまでと異なり、マイペースで逃げるレジェンドテイオーの直後につけるという先行策に打って出て場内を驚かせた。
タマモクロスは、粘り込みを図るレジェンドテイオーを直線で交わすと、中団からの待機策を採ったオグリキャップの追い込みも1馬身4分の1に押さえこみ優勝、
勝ち抜け制度がなくなった天皇賞において、史上初の天皇賞春秋連覇となり、また重賞連勝記録もそのオグリキャップとメジロラモーヌが記録していた「6」に並んだ。
その後、日本代表として出走したジャパンカップでは1番人気に推された。
後方から早めに上がっていき、直線では先頭に一度立ったものの、競り合いを避けて馬体を離したペイザバトラーを差し返すことができず2着に敗れた。
3着はオグリキャップ。
引退レースの第33回有馬記念では人気投票、単勝人気とも1番人気だったが、レース前にささやかれた調子の下落のためか、最後方から残り3ハロンのスパートだけに賭けた競馬となり、オグリキャップに半馬身及ばず2着に敗れた。
結局、オグリキャップとは天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念で3度対決して2勝1敗。
芦毛対決として昭和時代最後の競馬界を盛り上げた。この有馬記念を最後に引退した。
同年のJRA賞において、年度代表馬・最優秀5歳以上牡馬・最優秀父内国産馬(部門名は当時)のタイトルを獲得した。

12: 2018/12/05(水) 18:23:07.47 ID:/TG2Yjmq0
鳴尾記念の次走、もし有馬記念に出てたら同期のスターオーとの対決が
見られたのに。スターオーは悲しい結果だったけど。
藤森特別当日の東京は秋天で、ニッポーテイオーが圧勝。
その約半年後の宝塚記念はニッポーテイオーと一騎打ち。
タマモクロス快勝。たった半年でここまで成長するとは驚き。

13: 2018/12/05(水) 18:24:59.36 ID:hQP5OwSh0
パチンコのエピソード系擬似連みたいな文章ってかナレーションだな

15: 2018/12/05(水) 18:28:00.71 ID:45ZB84QG0
オグリ!オグリ!!

16: 2018/12/05(水) 18:29:33.04 ID:Rv5Clwjk0
相手になる馬が
伝説級の名馬すぎてほんとにいたの?
って疑うレベル
熱すぎるだろ

19: 2018/12/05(水) 18:40:24.99 ID:3lwxvwEI0
ちゃんと勝負付けてる
負けてようがな
だから
あの時代は今ほど冷めてなかった
良くやったよ
南井もテキも錦野さんも
カッコいいんだわ
この時代の名馬たちは

20: 2018/12/05(水) 18:45:13.52 ID:OVswwJNa0
小原調教師は、「勝ちはしたけれど、春天の時は、最悪の状態」と言ってました

~本当かなぁ? 
最悪の状態で3200mの天皇賞に勝てるかなあ?

21: 2018/12/05(水) 18:49:31.53 ID:RSaJ+O5l0
昔は良くも悪くも泥臭かったよな。
俺がこの馬を初めて知ったのはウイポの架空馬のクロスリングの父親としてウイポ2の説明書に伝記みたいなのが書いてあるのを見て知ったけど、実際に知らない馬を好きになった唯一の馬がタマモクロスだからな。
ちなみにウイポではタマモクロスの賢さは常にMaxのSになってるんだけどその理由が本当に面白い。

38: 2018/12/05(水) 19:32:51.36 ID:2oyRcxlw0
>>21
初めて知った馬の名はオグリキャップ
競馬より先に知りました
エリートの中央タマモクロスに挑む、
雑草のオグリキャップ
なんだこいつって
当時はそう思い込んでいました
改めて88年有馬記念の映像を観ました
タマモクロスはわざと負けたんじゃないかと思います
オグリにそのバトンを渡すかのような姿
だからこそあの瞬間が訪れる
2年後
同じ舞台
奇跡のラストラン
ロマンが過ぎますね
けれどあの時代
この2頭
それだけのものがあったと思っています

22: 2018/12/05(水) 18:49:41.94 ID:3LChDpTk0
漫画「みどりのマキバオー」
の主人公ミドリマキバオーのモデルは、
タマモクロスなんですね
知らなかった…

23: 2018/12/05(水) 18:50:43.69 ID:q8i6JWL+0
あのオグリキャップを抑えてファン投票1位だった馬なのにVHSもDVDも出てないんだよなこの馬
ナイスネイチャですら出てるのに

26: 2018/12/05(水) 18:57:24.40 ID:LQ9Zu1GE0
京都金杯のごぼう抜き凄かったなあ

無骨でだからこそセクシーなんだよな…
タマモクロスは

27: 2018/12/05(水) 18:58:47.76 ID:9EKTGDwU0
名前もいいわタマモクロス

28: 2018/12/05(水) 18:59:04.28 ID:GfG4IVi70
グロリークロス

29: 2018/12/05(水) 19:02:46.62 ID:5Mhcxfg80
リアルタイムを知らないから分からないが、
成績見ると
晩成っぽいのに何で4歳で引退したんだろう?
翌年もオグリ、クリークに同期のイナリワンとの対決があればもっと盛り上がったのに..
ウィポ調べだけど…

30: 2018/12/05(水) 19:07:14.54 ID:lydXDoAw0
クロスがいたからこそ
オグリは輝いていた
感謝したいのはオグリファンの俺の方
よく逃げずに戦ってくれた
ありがとう、感謝する

36: 2018/12/05(水) 19:25:46.00 ID:dw3jnUKX0
今でも芦毛の馬を応援してしまうのは
ボクが少しだけあの時代を知っているから
タマモクロスがいた時代
二年前ウィナーズサークルが亡くなりました
白い稲妻がターフを去った翌年のダービー馬
芦毛のダービー馬
日本競馬の長い歴史の中でのほんの一瞬

これからも芦毛の馬を応援しようと思います

43: 2018/12/05(水) 22:00:24.17 ID:0EHIO7fG0
オグリとの対戦がモハメド・アリとジョー・フレイジャーみたい

48: 2018/12/06(木) 01:49:24.06 ID:a6VJesMC0
もっと評価されていい馬だよ

49: 2018/12/06(木) 01:59:39.11 ID:OhCGd/Mi0
タマモクロスはスゲー馬だけど、出来ればあと一年走ってほしかったね

50: 2018/12/06(木) 02:35:44.79 ID:/lLRiSGN0
タマモの引退式見に東京から京都まで行ったなあ
今でも一番好きな馬だ